関心が高まっている火災保険

火災保険は必要なの?

一生懸命に努力して手に入れた住宅には、盗難、自然災害、火災などによるリスクが付きものです。特に火災は、自分自身がどれだけ注意をしていても近隣からの飛び火による被害も考えられ、相手側に法律上相当な過失が認められない限り泣き寝入りするしかないのが現状です。そこで普段からの備えとして火災保険が必要となるのです。
火災保険は、一戸建てやマンションなどの建物と家具や家電などの家財道具に分けて、それぞれに対して保険をかけることとなります。また被害の形態も火災以外に、落雷、ガスなどによる爆発、台風・大雨による水災、給排水設備事故による水濡れ、さらに盗難や破損汚損といった広範囲の不測の事態を補償対象とできます。火災保険を取り扱っている各社それぞれに特色がありますので、自分自身に最も適切な組み合わせを選ぶことが大切です。

火災保険を選ぶ時の注意点

先ずは補償対象ですが、既にご説明した通り建物と家財は別々に保険設定が必要となります。このうち家財には原則として、自動車や預金、株券は含まれません。さらに、30万円以上の高価な貴金属、骨董書画などについては予め申告して証券に明記する必要があります。次に補償する被害形態についても設定は各社異なり、対象を選択する場合もあれば、特約の形で含まれている場合もあります。自身の暮らす地域の過去の類災発生率や、家族構成(子供が壊すリスク等)、家の老朽化(水やガスなどの設備劣化)などの諸条件より、掛け金とリスクを考慮して決める必要があります。またよく誤解されますが、地震を原因として発生した火災については火災保険では免責となり、地震保険でなければ補償できない点も注意が必要です。
火災保険が対象とするリスクは生涯において遭遇する確率が低いと考えられます。しかし同時に、一度被害に遭った場合の損害は一生を狂わせるに十分なインパクトをもたらすことも確かです。何も考えずに保険に入るのではなく、支払う金額と補償すべき対象を天秤にかけながら、最も賢い保険選びを行うことが重要です。