こうすれば納得できる火災保険が見つかる!

補償範囲をしっかり見ておく事が大事!

火災保険を選ぶ時ですが、どこを見て決めれば良いか迷っちゃいますよね。そういう場合に、まず見ておいた方が良いのが補償範囲なんです。
火災保険には補償範囲という物があって、契約内容によって補償される物とされない物が変わるんです。例えば建物だけが補償になっているプランを選んだ場合、もし火災になってタンスや冷蔵庫などが被害に合ってしまっても、補償してもらえないんです。こういった家具や家電まで補償してもらいたいなら、家財も補償範囲に入ったプランを選ぶ必要があるんですね。ただ補償範囲を広げれば、その分保険料も高くなってしまうので、増やせば良いという物でもありません。支払う保険料と、補償してもらいたい物のバランスを考えて選ぶと良いですね。

保険料を安く抑えて納得できる保険を選ぶには?

万が一自分の家が家事になってしまった時、役に立つ火災保険ですが、実はプランによっては火災以外の補償がついている事があるんです。盗難にあったり水害にあったりした時も、補処してくれるんです。
ただ注意したいのが、こういった手厚い補償のプランや特約をつけると、保険料が高くなってしまうという事です。保険料を安く抑えたいなら、無駄な補償は省くという事がポイントになります。例えば、海から遠く離れた場所に住んでいる場合、水害に合う危険性って低いですよね。そういう場合は、水害の補償がついた特約は削ったりすると良いですね。知らず知らずのうちに、無駄な特約がついている事もあるので、しっかり補償内容を把握して、無駄な物は省くようにしましょう。